中央広域環境センターへ行ってきました

先日、「吉野川市のゴミ処理を考える市民会議」の研修で吉野川市内のごみ処理の施設と、阿波市吉野町にある「中央広域環境センター」を見学してきました。
上の写真は、「ごみピット」でごみをクレーンで攪拌しているところです。

平成17年8月からの稼動なので、まだ新しい建物です。

パネルで、ごみ処理の仕組みを説明してくれています。

ごみを高温反応炉で、再利用できる「精製合成ガス」と「硫黄」・「工業塩」・「金属水酸化物」・「メタル」・「スラグ」に100%リサイクルして活用されています。

あなたの家の『ごみ』はこの中にあるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です