さくらまつり&元気まつり その①

昨日までの花冷えが緩み、爽やかな桜東風の朝を迎えました。
「さくらまつり」&「元気まつり」が満開の桜の中で開催されました。

空を見上げれば、吉兆の「昇龍雲」が空から見守ってくれています。

訪れる方々に「野点のお接待」をする、お茶席が準備中です。

水上に設置した、浮きステージも最後の設営をしています。

安全祈願祭の「式包丁の儀」での進行の最後の打合せを行なっています。

ウッドデッキでは、「まちかどコンサート」の準備をしています。

調理室では、「元気まつり」の模擬店で販売する食材の調理が始まります。

江川・鴨島公園の浮きステージ前に、ギャラリーが集まりだしました。

鴨島八幡神社の松村宮司の御祓いで、「NPO法人江川エコフレンド
江川・鴨島公園指定管理安全祈願祭」が始まリました。

宮司の祝詞奏上に続いて「式包丁の儀」が始まりました。
日本包丁道生間水神流で行なわれ、持出しの儀を西村氏が行ないます。
三方に乗せた、鯛と桜を俎板横に運び、俎板を清めています。

清めた俎板に、桜の枝と『花見鯛』を置きます。

いよいよ包丁人、藤井一夫氏の登場です。

鯛に一切手を触れずに、包丁と金串だけで花見鯛を捌きます。

舞う様なしぐさで、包丁や金串を扱います。

神聖で真剣な空気が、浮きステージから伝わってきます。

次々と鯛を器用に捌いていきます。

捌いた花見鯛を、まな板の上に古式に従い並べています。

最後に、並び飾られた花見鯛の上から、桜の花びらを散らします。

見事な「奉納花見鯛」の完成です。

完成した「花見鯛」を、三方に置き換えます。

花見鯛と桜を三方に盛り付けます。

奉納する「花見鯛」の完成です。

巫女さんから松村宮司に渡されて、神棚に奉納されます。

見事な「花見鯛」が奉納されました。

完成された神棚に、松村宮司に続いて日野会長が玉串を納め今後の安全を
祈願いたしました。

川真田市長を始め、市の関係者の皆様にも玉串を奉納して頂きました。

神事が終わって日野会長が、NPO法人江川エコフレンドの代表として
江川・鴨島公園指定管理者としての報告と、今後の運営に対して市民の
皆さんのご協力とご理解をお願いとして、挨拶をいたしました。

川真田哲哉吉野川市長から、ご祝辞を頂戴いたしました。
「鴨島小唄」も飛び出す、楽しいご祝辞でした。
ご来賓の皆様、ありがとうございました。

とりあえず、オープニング・セレモニーが終了したので皆で記念撮影です。
これから、長い一日が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です